髪が伸びる仕組みって?

095

抜け毛や薄毛に悩むようになると、髪が伸びる仕組みがどんな風になっているのか気になりますよね。

髪の毛も皮膚の再生と同じように、発毛から抜けるまでの周期があり、一定のヘアサイクルによって、抜けたり再生したりを繰り返しています。

毛根のヘアサイクルは2~6年の成長期間→2~3週間の退行期間→3~4ヶ月の休止期間→成長期間を繰り返しており、この中の成長期間の時に新しい髪の毛が発毛します。

そして、発毛した髪の毛は、一ヶ月間に約1~2cm成長するのです。

また、普通の人でも1日に100本程度の抜け毛があるのが通常でしょう。

一般的に、一つの毛穴からは2~3本の髪の毛が生えており、毛根から新しい髪の毛が発毛すると、古い髪の毛が抜け落ちる仕組みになっています。

髪の毛は、毛根の成長期間に発毛して、古い髪の毛が抜け落ちるのですが、このサイクルが崩れると、短いサイクルで抜けてしまったり、新しい発毛がなくなったりしてしまい、薄毛となります。

人間は誰でも加齢によって、毛根の発毛機能が低下してしまうため、女性でも加齢によって薄毛になることがあるのです。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者