親のタバコが喘息に良くないことは誰でも分かるはずなのに

昭和の高度経済成長期の時代に喘息の子どもたちが増えたことは今はもう昔の話ですが、大気汚染・空気汚染が喘息の症状を著しく悪化させることは間違いありません。この事から、当然、タバコが喘息に良くないことは誰でも分かることと思います。喘息とは気管支が何らかの原因によって狭窄を起こしてしまい、呼吸困難の発作を引き起こす病気です。その何らかの原因とは、多くの場合、アレルギー症状である場合が多く、アレルゲンとなるものは人それぞれで違います。同じ喘息でも特定の食べ物で発作を起こす人もいれば、同じ食べ物には全く問題ない人もいます。では、タバコやアルコールが直接発作を引き起こすアレルゲンとなるのかというと、そういう訳ではありません。直接喘息を引き起こすわけではないけれど、症状を悪化させたり、発作を引き起こす引き金となったり、発作の症状を悪化させる危険があるということです。タバコは煙を吸い込むため、咳き込む原因となる可能性が大いにあります。その咳き込みが喘息の発作を引き起こす要因となる可能性は大いにあるのです。では、アルコールはどうでしょう?アルコールは血管を膨張させることが知られています。この為、花粉症の方は経験があると思いますが、アルコール摂取によって鼻の中の毛細血管が膨張し、鼻づまりのような症状になり、鼻での呼吸が出来なくなります。つまり、アルコールによって気管の毛細血管が膨張して気管を狭窄さてしまうので、喘息発作を引き起こしやすくなる要因になるわけです。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者