喘息になる原因とは?

sic025-s

昔は子どもの病気と言われていましたが、現代では大人でも罹ると言われている「喘息」になる原因とは、何なのでしょう?

喘息になる原因は、大きく分けて以下の3つに分類されます。

・アレルギー体質(遺伝的要因)
・気道過敏性
・大気汚染などが代表の環境要因

まず、喘息は元々のアレルギー体質が原因で起きる人がいます。

アレルギーが原因の場合には、そのアレルゲンとなるものを排除することで軽減することが可能です。

それに、気道過敏性が原因で喘息発作が起きる人もいるでしょう。

気道過敏性とは、一般の人よりも気管支などが敏感な体質のため、僅かな煙草の煙や香水の香り、動物の羽毛などを吸引しただけで、気道が収縮してしまう症状です。

喘息発作を持っている人の殆どに、気道過敏性の症状があると言われています。

また、季節の変わり目や気圧の変動、あるいは、排気ガスや公害などの大気汚染が原因で、喘息発作を起こしてしまう人も少なくありません。

特に、高度経済成長期の1950年代から1970年代には、日本中の至るところで公害が原因の病気が発生し、喘息はその代表格のようなものでした。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者