緑内障に効果がある目薬は一種類だけではないのです。

緑内障にも様々な症例があります。一口に緑内障といっても、使用する治療薬はその人それぞれの症状によって全く違うこともあります。薬物療法の中に、目薬を使用して症状の緩和を図る方法があり、点眼療法ともいわれます。点眼療法をする際にも、目薬の種類は一種類だけではないのです。目の異常がある箇所や原因によって、使用する目薬は変わってきます。まず、一番使用される頻度の高い目薬は、β遮断薬です。ミケランやベトプチックなどがβ遮断薬といわれる目薬です。β遮断薬には、眼球内の圧力を下げる効果が期待できます。緑内障を発症した大半の患者の原因が眼球内の眼圧が高くなることによるものとされているため、このβ遮断薬は緑内障を発症している多くの人に使用されている目薬です。緑内障の根本の原因である眼球内の眼圧が高くなるという点に直接作用しますので、治療期間は長い目で見ていかなければなりませんが、効果を期待することができる目薬とされています。しかし、目薬とはいえ発作などの副作用がおこることもありますので、心疾患のある人は使用するのを控えるか、医師への相談が必要になってきます。そのほかにも、プロスタグランジン関連薬というものがあります。この薬は房水の排出をよくする作用を持っており、房水の排出を促すことによって、眼球内の圧力が高くなるという原因そのものを防ぐことができます。β遮断薬は高くなってしまった眼球内の圧力を下げるという、症状が現れてから使用する目薬です。それに対して、プロスタグランジン関連薬は緑内障を発症する原因そのものに働きかけるので、緑内障の症状の進行を抑制する効果も期待することができます。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者