足のむくみには漢方がいい?

gum14_ph05059-s-682x1024

足のむくみには漢方がいいのでしょうか?

・五令散(ごれいさん)
・八味地黄丸(はちみじおうがん)
・防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)

これらの漢方は、足のむくみにいいと言われています。

まずは、五令散(ごれいさん)についてですが、胃腸や体内に溜まっている水分を排出する効果があります。

さらに、利尿作用もあるので、むくみを解消することができるでしょう。

五令散はむくみを取るだけでなく、膀胱炎や二日酔い、頭痛にも効果があるといわれています。

次に、八味地黄丸(はちみじおうがん)についてですが、腎機能を助ける効果のある漢方です。

ですので、八味地黄丸は、排尿困難や頻尿への効果が期待できます。

それに、血液循環や水分の代謝を改善する効果もあるので、足のむくみを取ることができるでしょう。

最後に、防風通聖散(ぼうふうつうしょうさん)についてですが、体の代謝を促す効果がある漢方です。

代謝を促すことで、血流を良くし、体内に溜まった毒素などを排出することができますので、足のむくみを取ることができます。

また、防風通聖散は、痛風やアトピー性皮膚炎にも効果がある漢方なんです。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者