四十肩と五十肩、呼び方が違うだけでどちらも同じ症状の疾患です

四十肩と五十肩、どちらも肩の疾患ですが、どのように違うのかと言うと、呼び方が違うだけでどちらも同じ症状の疾患です。関節には関節を包む袋があり、関節包と呼ばれます。この関節包と肩周囲の骨膜などに炎症が発症し、動かすことが困難になったのが四十肩であり五十肩です。原因ははっきりしていませんが、加齢や筋肉の低下と言う専門家もいます。それにしても、同じ病気なのに何ゆえ呼び方が違うのでしょうか。紛らわしいですね。あえて違いを述べるとするならば、症状が発症する年齢です。四十肩は40代で起こり、五十肩は50代で発症するのです。もっともかつては、50代になると起こりやすい肩の痛みだったために五十肩と呼ばれていましたが、発症年齢が次第に下がってきたため、四十肩という呼び方もでてきたようです。このまま発症年齢が下がり、30代でも発症するようになれば三十肩という呼び方も登場しそうですね。事実、最近はスポーツをする機会が減ってきたせいか、20代や30代でも、四十肩・五十肩の症状を発症する人が出てきているのだとか。しかしながら、実際の医療現場では、30代の人が肩が痛いので病院で診てもらったら五十肩と診断されたり、50代の女性が四十肩と言われたりしており、四十肩と五十肩の呼び方の厳密な区別はないようです。治療法に関しても違いはなく、どちらも投薬と体操がメインになります。体操は年代の違いからくる運動強度の違いや継続時間の長さなどが異なりますが、運動内容は同じです。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者