五十肩とは、肩の関節の周囲が炎症を起こすことで発症する肩の疾患のことです

五十肩とは、肩の関節の周囲が炎症を起こすことで発症する肩の疾患のことです。肩の関節には、上腕骨と肩甲骨があり、この二つの骨のバランスが崩れ、互いにぶつかり合い、関節を傷つけてしまうことで起こります。五十肩で興味深いのは、名前の通り50代で発症しやすいということ。早い人では、40代後半くらいで症状を訴える人が出てきます。そして、最も多いのが50代なのです。60代で症状が発症する人もいますが、70代、80代で五十肩の人はまれです。20歳代、30歳代にもあまり見られません。五十肩を発症すると、肩から腕にかけての痛みに襲われます。痛みはある日突然襲ってくることもあれば、じわじわと徐々に痛み出す場合もあります。左右の肩が同時に痛み出すことは少なく、多くはどちらか一方です。しかし、左右の時期がずれて両方発症するケースもあります。五十肩が発症した初期の頃は炎症を起こしているため、腕を上げたり、外や内側にひねるなどの動作の時に痛みを感じるようになり、その後、腕を上げることさえままならなくなります。この状態が1~2ヵ月続くと、激しい肩の痛みが一段落し、鈍痛に変わるでしょう。ただし、動かすと痛みはあり、この状態が3~6ヵ月くらい続いた後、痛みが次第に薄れていき、手や肩を動かしやすくなります。これで元の状態に戻るのかというとそうではなく、肩や腕を長い間動かさなかったことから、運動障害を発生するのです。この時期にしっかりと肩を動かしてリハビリをしないと、いつまでも運動障害が残ることになるので注意してください。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者