五十肩の治療法はそれぞれの時期で異なります

五十肩には、激しい痛みを伴う急性期、痛みが鈍痛になる慢性期、痛みがだんだん薄れていく回復期の3つの時期があります。治療法はそれぞれの時期で異なります。急性期は、関節の炎症が強く、非常に強い痛みがあります。この時期は安静が第一で、三角巾などで腕をつり、動かさないようにします。それでも痛むのが五十肩のつらいところですが、痛みには消炎鎮痛薬で対処します。薬物には、坐薬、内服薬、外服薬があり、どれを使用するかは医師の処方を受けるようにしましょう。夜も眠れないほど痛みがひどい場合は、痛みを伝える神経に局所麻酔薬を注射することもあります。慢性期に入ると、痛みは落ち着き、動かすと痛みを感じるという程度になります。薬はどうしても痛いときだけにとどめ、主に温熱療法を行います。入浴したり、ホットパックやカイロなどで肩を積極的に温めることが大事です。また、癒着を防ぐために、肩を動かす体操も行いましょう。痛みがだんだんなくなり、手が動かしやすくなる回復期は、体操療法がメインになります。痛みがなくなり、油断しがちですが、この時期に体操を怠ると、手が動かしにくいといった運動障害がいつまでも残るので要注意。運動のやり方はいくつかあるので、医師と相談しながら自分のやりやすい運動を積極的に行うようにしましょう。以上のほかに、重症の五十肩には、内視鏡を使った手術や、切開手術を行うこともありますが、ケースとしてはごくまれです。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者