五十肩は運動障害がひどくならないようストレッチを行います

五十肩は、痛みの激しい時期は安静にしていますが、痛みが和らいできたら、癒着して運動障害がひどくならないよう体操療法、いわゆるストレッチを行います。ストレッチはできるだけ早い時期から始めるのがGood。痛みがひどい急性期でも、物を持つことができるなら、アイロン体操がオススメ。痛くないほうの手を、テーブルについて支えにし、痛いほうの手にアイロンなど重りになる物を持ち、前後左右に静かに揺らします。慣れてきたら回数を増やしますが、やりすぎると悪化するので、適度に行うようにしましょう。痛みが薄れてくる慢性期。この時期、腕が水平より上がるようになったら、積極的にストレッチを行うようにします。肩を動かすストレッチならどのようなものでもOKですが、簡単なものとしては、両手を頭の後ろで組み、肘を開いたり閉じたりする方法があります。痛みがほとんどなくなった回復期には、より積極的にストレッチを行いましょう。この時期にストレッチを行うことで、運動障害が早く解消されます。ストレッチは肩を動かすことがメインですが、その方法はたくさんあるので、ネットなどで調べて自分のやりやすい方法で行うと続けやすいはずです。いずれにせよ、ストレッチは無理をしないことがポイントになります。ゆっくり自分のできる範囲で、継続して行うことが大切です。また、ストレッチを始める前に、肩にカイロなどを当てて十分に温めておくとより効果的です。血液の循環が良くなっているお風呂上りに行うのもいいでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者