五十肩の治療法としてツボ押しも効果があります

五十肩は正式名称を肩関節周囲炎と言い、詳しい原因は不明ですが、老化現象の一つとも言われています。そんな五十肩の治療法は、主として薬物療法と体操療法がメインですが、痛みを和らげるのにツボ押しも効果があります。五十肩に効くといわれるツボにはいくつかありますが、一般的なのが、「肩ぐう」と「肩りょう」です。肩の骨の先端から3cmくらい下の位置で、腕を水平に上げたときにできる2つの凹みのうち、前(胸側)の凹みが肩ぐうで、後ろの凹みが肩りょうです。また、次のようなツボもあります。
・首の付け根と肩先とのほぼ中央にある「肩井(けんせい)」
・肩甲骨の肩峰突起の後下縁にある凹み「臑兪(じゅゆ)」
・肩甲骨の中央の凹み「天宗(てんそう)」
・鎖骨の片側の端と肩甲骨の間にある凹み「巨骨(ここつ)」
・肩の後ろ側で肩と腕の境目、脇の下から1~2cm上のところにある「肩貞(けんてい)」
五十肩に効くといわれるツボは肩近辺のみでなく、足の裏にもあり、その名も「四十肩・五十肩点」です。いかにも効きそうですよね。このツボの場所は、薬指と小指の間から、まっすぐ下がったふくらみの部分。痛む肩と同じ側の足裏のツボを刺激します。ツボ押しの際には、主に親指の腹の部分を使うといいでしょう。ツボに押し当て、3~5秒かけてやや強めに一押しし、ゆっくり離します。これを数分間、断続的に行います。力を入れすぎたり、長時間同じところばかりやり過ぎると、筋肉を傷つけたり、炎症を起こしたりすることがあるので注意が必要です。できれば最初は、力加減や正しいツボの位置を知るためにも、プロにやってもらったほうがいいでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者