五十肩というのははっきり原因がわからない病気

五十肩という名前はよく耳にしますが、五十肩というのはどんな病気なのかご存知でしょうか?腕が上げられないような激しい痛みが出る病気ということは誰もがご存知だと思いますが、実は五十肩というのははっきり原因がわからない病気のことなのです。肩や首に痛みが起きるには、通常は何らかの原因があります。例えば、肩こりだったり、寝違えだったり、むち打ち症だったりといった具合に、普通は痛みの出る原因があるものです。しかし、五十肩とはそもそも、「原因不明の痛み」なのです。医学的に原因がないにもかかわらず、肩関節の激痛が起きる症状を総称して五十肩と呼んでいます。ただ、発症する年代が40代から50代に多く見られることから、加齢による何らかの原因があるのではないかと考えられているようです。それに、重い荷物を持ったり、肩を上げた状態の作業が多い方などに起こりやすいと言われています。また、発症するのが40代から50代なので、40代で起きると四十肩、50代で起きると五十肩などと分けて語られることもありますが、実際には同じです。いずれにしても、「原因不明の肩や首の周辺の痛み・稼働不能な状態」を五十肩といいます。しかし、何も身体に異変が起きていないかというと決してそうではなく、肩関節の周りに炎症が起き、その炎症が原因で痛みが出たり、腕が動かせなくなっているのです。その原因は人によってそれぞれですが、肩関節の過労働や加齢による関節の異変が原因とされています。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者