五十肩を予防するには日頃から肩を動かす運動を習慣付ける

世間で一般的に「五十肩」と呼ばれる症状は、おそらく自分が経験していない場合、「五十歳ころに肩が動かなくなる病気」と思っている方が多いと思います。しかし、実は早い方では30代で出る場合もあり、一番多く出るのが40~50代のために、四十肩・五十肩などと呼ばれているのです。誰でも必ずなるようなものではありませんし、力仕事をしているわけではなくても五十肩になってしまう方もいるようです。また、親族に五十肩を発症した方がいる場合には起こりやすい傾向があるため、遺伝的な要素もあると考えられています。ですから、親族に五十肩の人がいる場合には、自分にもその可能性があると考えて、事前に予防対策を取っておきたいものです。五十肩は肩の関節の周辺が炎症を起こしてしまう症状なのですが、重いものを持ったり、手を上げた状態で作業することが多い職業の方などは特になりやすい傾向があります。出来るだけ肩に負担のかからないような生活を日頃から心がけたいものですが、肩の冷えにも気をつけていただきたいものです。また逆に、運動不足の方にも起きやすい傾向があるため、日頃から肩を動かす運動を習慣付けたいものですね。自分の肩のあたりを手で掴んで、ひじをグリグリと円を描くように回す運動が効果的だと言われています。ちょっとした合間にも簡単に出来る体操ですから、不安のある方は特にこの体操を習慣づけていただきたいと思います。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者