五十肩を引き起こす要因は様々です

sic026-s

ゴルフが原因で五十肩になってしまったという話を聞いたことがある人も多いのではないでしょうか?こう聞くと、ゴルフが五十肩を引き起こすように聞こえてしまいますが、決してゴルフが悪いというわけではありません。五十肩になるキッカケがゴルフという場合、その多くは初心者さんに見られます。ゴルフ自体はそれほど肩を酷使するスポーツではなく、体全体を使ってボールを打つものです。でも、初心者さんの場合は、ついつい肩先だけで力を入れてスイングしてしまう傾向があり、これが肩に負担をかける原因とされています。また、ゴルフはある程度金銭的に余裕のできた40~50代の方が、仕事の付き合いや、加齢と共に大きくなる健康不安の解消と運動不足の解消を目的に始めるケースが多いですよね。それがちょうど、五十肩を発症する年代と重なっていることも一つの原因かもしれません。それに、ゴルフは一旦始めてみると、つい夢中になってしまう人が多いようです。指導者の元、正しいスイングを身につけながらの練習なら良いのですが、自己流での過剰な打ちっぱなしの練習などは気をつけたほうがよさそうです。ゴルフによって五十肩を発症してしまった場合、やはり最初は運動を止めなければなりません。しかし、慢性期と呼ばれる時期に入ったら、少しずつ運動をしたほうが良いとも言われています。ゴルフはリハビリにも良いと言われていますが、それは症状次第ですし、何より無理は禁物です。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者