NHKのためしてガッテンという番組で取り上げられた五十肩

よく、テレビの情報番組でも病気のことを取り上げて、大きな反響を得ることが増えましたよね。NHKのためしてガッテンという番組も評判の良い番組ですが、特に五十肩を取り上げた回の放送が大きな反響を呼びました。これまで、五十肩は動かしてはいけないというのが通説でしたよね。でも、痛みの激しい時期を抜けて、「慢性期」「回復期」と呼ばれる時期になったら、軽く肩を動かすエクササイズを行ったほうが良いというものでした。そして、その体操のやり方が紹介されたのです。大変簡単な体操で、いつでも気軽にできるので、是非実行していただきたいと思います。「ひじまる体操」と名付けられた五十肩のための体操のやり方は簡単で、まず、手で自分の頭の後ろから肩のあたりの襟を掴みます。自然と肘が上がったその状態はゼロポイントと呼ばれ、肩の筋肉がリラックスした状態なのだそうです。その状態で肘をグルグル回すという簡単な体操です。最初は小さな円を描くように、徐々に大きな円を描くようにしていくのがコツになります。右肘と左肘を交代で、右回り・左回りを1分間。さらに、両肘で右回り・左回りを両方で1分間。右肘1分・左肘1分・両肘1分の3分間1セットを行うだけでいいのです。慣れてきたら、少しずつ回数を増やすといいそうですよ。自宅でも職場でも簡単に出来ますから、ぜひ実践してみてください。ただし、痛みが激しい時の運動は禁物で、また、無理をしてまで行なっては逆効果だそうですから気をつけましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者