五十肩の治療は温熱療法やレーザー治療・電気療法・遠赤外線・手術など症状により様々です

五十肩の治療は、時間を掛けて痛み止めやテーピングを基本に、温熱療法やレーザー治療・電気療法・遠赤外線などで痛みを緩和するというのが一般的です。人によっては、鍼治療や整体・カイロプラクティック・マッサージなどを利用して、自然と回復するのを長期的に待つという方法を取ることもあるでしょう。五十肩の症状の程度にもよりますが、おおよそ数ヶ月から1年程度で治ることが多いといわれています。ただ、ごくまれに症状がひどかったり、長期間の治療でも改善が見られなかったり、別の病気だったりということがあります。そのような場合には、手術で治療を行うこともあるようです。仕事柄、長期間腕が動かせない状態では困るような事情のある方が、治療期間を短縮して早く仕事に復帰したい場合や、症状があまりに重くて耐えられない場合。あるいは、あまりに長期間続いていて、改善がなかなか見られないような場合の最終手段として手術が行われることが殆どです。手術自体はそれほど難しいものではなく、また、比較的早く退院できるのですが、一般的には自然と治ることが多いため、手術を行うケースは稀だと考えてよいでしょう。中には、五十肩だと思い込んでいたら、筋肉や骨など別の病気や異常だったというケースもあります。そのような場合には、有効な治療手段として手術が行われることもあるでしょう。確かに手術をすれば早く完治できますが、手術をする必要性があるかどうかは、主治医とよく話し合った方が良いですね。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者