おでこにできるニキビの原因と改善治療方法

おでこにできるニキビは、特に思春期にできやすいといわれています。おでこはTゾーンと呼ばれるように、顔の中でも皮脂の分泌量が多いところです。思春期には、成長ホルモンの影響で、ホルモンのバランスが乱れやすくなります。ホルモンバランスが乱れると、皮脂が過剰に分泌されてしまい、毛穴が詰まっておでこニキビができてしまうというわけです。思春期を過ぎてもおでこニキビに悩まされるようなら、ホルモンバランスを乱しやすい生活を送っていないか、生活習慣を振り返ってみた方がいいですね。おでこニキビの治療、改善法としては、他のニキビと同様に、洗顔で汚れと皮脂をきちんと落として、化粧水などで保湿することです。洗いすぎると皮脂が落ちすぎてしまいますが、おでこはすぐに皮脂が出やすいので、洗顔料を使わないで水洗いすれば、皮脂を落としすぎてしまうこともないでしょう。朝と夜は洗浄力が強めの洗顔料でしっかりと皮脂と汚れを落とし、昼間は水洗い、もしくは、洗浄力が弱めのマイルドな洗顔料を使うのがオススメです。また、前髪がおでこニキビの原因になることもあります。前髪にリンスやトリートメントなどの成分が残っていたり、前髪についた整髪料やほこり、汚れなども、おでこニキビの原因になったり、悪化させたりしてしまうのです。前髪でおでこニキビを隠そうとすると、逆効果になってしまうわけですね。思春期にできるおでこニキビは、悪化しないように、跡ができないように気をつければ、いずれできなくなるでしょう。思春期を過ぎてもおでこニキビができてしまうのなら、生活習慣を見直して、体調、体質を改善する必要があります。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者