おしりニキビの原因と改善治療方法

おしりにニキビができてしまうと、とても恥ずかしいものですよね。できた場所によっては、座ると痛かったり、水着になるのが恥ずかしかったりと困ってしまいます。それに、おしりニキビは治りにくく跡が残りやすいというのも、やっかいなところです。おしりニキビができてしまう原因としては、おしりをきちんと洗えていなくて、毛穴が詰まってしまったことが考えられます。また、体を洗っているタオルやスポンジなどの刺激が強すぎるのかもしれません。それに、ボディーソープが落としきれていない可能性もあります。先に体を洗ってから頭を洗う方の場合には、シャンプーやコンディショナーの成分がすすぎの時におしりやその周辺に付着して残ってしまうこともあるでしょう。夏場に限らず、下着をずっと替えていなくて不衛生だった場合にも、おしりニキビができてしまうことがあります。通気性が悪い素材の下着や肌に合わない素材の下着は、履かないようにしてください。おしりニキビの治療、改善法も、他の箇所にできたニキビへの対策と同じです。皮膚を清潔にした上で、生活習慣を改善して、ホルモンバランスを整えるようにします。おしりニキビの場合には、患部の通気性があまり良くないことが多いですから、余計に治りにくくなってしまいがちです。できれば、締め付けないゆったりとした下着を身につけ、こまめに替えるようにしましょう。跡を残さないためには、皮膚科で相談して専門的、かつ、高度な治療を受けるのがオススメです。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者