首ニキビの原因と改善治療方法

首や首の周辺にできてしまったニキビを首ニキビと呼びます。首ニキビは治りにくく、悪化しやすいことで知られています。また、跡が残ってしまいやすいというのも特徴の一つです。ようやく首ニキビが治ったと思ったら、みにくい跡が残ってしまったり、黒ずんでしまったりすることも少なくないでしょう。首は元々、顔に比べて皮脂がたくさん分泌されるところではありません。それなのに首ニキビができてしまうのは、ストレスや生活習慣の乱れなどが原因だと考えられています。過剰なストレスや睡眠不足、食生活などが影響して、皮膚の機能低下が起こったり、ホルモンバランスが乱れたりするわけです。女性の場合には、ファンデーションがきちんと落とせてなかったり、首に対するスキンケアを怠っている場合にも、首ニキビができやすくなるでしょう。男性の場合には、ヒゲ剃りが不衛生だったり、しっかりと洗えていない可能性もあります。また、髪の毛についた整髪料や汚れが、首や首の周辺に付着することで、首ニキビの原因になっているのかもしれません。意外なところでは、シャツの襟周りや枕カバーが汚れていることが原因だったなんてケースもあるようです。首ニキビの治療、改善法もそれ以外の箇所にできたニキビと変わりません。皮脂を落としすぎない程度に洗って皮膚を清潔に保ち、保湿をするようにします。首ニキビに髪の毛が触れてしまわないように、髪をまとめると治りが早くなるでしょう。もちろん、不衛生な手でいじらないことも大切です。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者