なぜニキビができるの?

091

なぜニキビができるのかということは、ニキビの種類もありますし、原因は様々だと言えます。

ここでは、ニキビの種類を大きく二つに分けて、それぞれの原因についてご説明します。

・思春期ニキビ
・大人ニキビ

まず、思春期ニキビの場合は、ホルモン分泌が過剰になる時期なので、成長ホルモンや男性ホルモンの分泌が影響していて、皮脂が過剰に分泌されることからニキビができやすいと言われています。

毛穴の中に生息している、アクネ桿菌がニキビを化膿させてしまう原因になるため、このアクネ桿菌対策が思春期ニキビ対策とも言えるでしょう。

また、大人ニキビの方は、若い頃のようには皮膚の新陳代謝がうまくいかずに、古い角質や皮脂などが毛穴を詰まらせたり残ってしまったりすることが原因です。

それに加えて、ストレスやホルモンバランス、生理なども影響しているので、思春期のニキビよりも原因は複雑です。

ニキビ全体で言うと、過剰な皮脂の分泌と汚れなどで詰まった毛穴、アクネ桿菌が大きな原因だと言えます。

大人ニキビは特に原因が複数重なって発症することが多く、原因の中にストレスなどが加わっていると、なかなか治すのに苦労をするようです。

ニキビ自体が、ストレスの原因になっているなんてこともあるので、早めに治して綺麗な肌を取り戻しましょう。

ニキビは皮膚科の治療などで治りますから、早めに受診をして酷くならないうちに治すようにしてください。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者