白ニキビ赤ニキビの違いって?

白ニキビと赤ニキビの違いについて、ご説明をします。

ニキビには、いくつか種類があって、白ニキビと赤ニキビがあります。

白ニキビとは、皮膚の表面にできていて、コメドと言われている白い芯がニキビの中にある、比較的ニキビの初期の段階です。

それに対して、赤ニキビは、皮膚の深い部分でニキビが赤く炎症を起こしている状態を言います。

つまり、白ニキビが酷くなると、赤ニキビになってしまうことがあるというわけです。

ニキビができてしまったら、軽い症状のうちに治して、赤ニキビまで悪化させないことが大切です。

白ニキビと赤ニキビの間の症状で、黒ニキビと呼ばれている状態もあります。

これは、白ニキビのコメドが皮膚の表面まで出てきていて毛穴を押し広げている状態で、黒く見えることから黒ニキビと言われていますが、この黒い部分は汚れではないので、ごしごし洗っても落ちません。

どの段階のニキビでも、洗顔をむやみに激しくしたりすると、逆に悪化させることになりますから、気をつけてください。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者