歯磨きをしても取れない口臭の原因

歯磨きをしても口臭が取れない理由で最も多いのが、口の中に口臭の原因がある場合です。歯磨きがしっかりと正しい方法でできていないために、食べかすが残ったままになり、それがプラーク(歯垢)の元となります。歯ブラシだけではなかなか取りきれない食べカスやプラークを防ぐために、デンタルフロスや歯間ブラシを使って、プラークをできるだけ残さないようにしましょう。定期的に歯科でプラークの除去をしてもらう習慣をつけると良いと思います。また、治療していない虫歯があると、そこに食べ物のカスがたまり、細菌が繁殖してそこにもプラークがたまります。このプラークが口臭を発する原因のひとつです。さらに虫歯が進行すると腐敗臭も混ざるようになり、口臭はさらにひどくなります。歯磨きをしても、口臭が気になる人は、虫歯の治療をしてみて下さい。もちろん、歯周病や歯槽膿漏も口臭の原因です。こうしたことを防ぎ、改善するためには、毎日の根気強く丁寧なオーラルケアが欠かせません。口の中に原因がないのに口臭があるという場合は、他の病気を疑ってみる必要もあるでしょう。蓄膿症や扁桃腺、アデノイドなどの鼻や喉の病気、胃炎などの胃腸の病気、糖尿病、肝臓病、呼吸器系の病気でも、口臭がすることがあります。中には、実際はほとんど口臭がしないにも関わらず、自分の口臭が気になって仕方がないという、自臭症という神経的な病気の人もいます。自分の口臭が気になる時は、歯科医で相談してみるのが良いでしょう。口臭外来を設けている病院もありますので、そうしたところで診察を受けてみるのもおすすめです。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者