口臭を防止する時に摂るといい栄養素(食事)

普段から口臭が気になっている人は、口臭を防止する時に摂るといい栄養素を、できるだけ食卓に取り入れるようにすると良いですね。最近では、生活習慣病と口臭との関係も指摘されていますので、生活習慣と食習慣を見直してみることが大切でしょう。クロロフィルは、植物や藻類に含まれる緑色色素で、消臭・殺菌効果があります。口臭の元となる細菌の増殖を抑える他、血液の循環を促進して皮膚や肺から排出されるニオイ成分を消臭する効果も期待できます。クロロフィルを多く含む食品としては、緑茶、青汁、明日葉、ニラ、ほうれん草、ピーマンなどが代表的です。次に、昆布に含まれるアルギン酸には、唾液の分泌量を増やす効果があります。おしゃぶり昆布などを口の中に入れておくと、余計に唾液が分泌されて口の中の細菌を洗い流してくれますので、口臭の防止に効果的でしょう。ハーブも細菌を殺菌する作用や、皮膚や肺から排出される臭い成分を消臭してくれる効果がありますので、お料理に使ったり、ハーブティーを飲むのもいいですね。緑茶に含まれるポリフェノールのカテキンにも、殺菌作用や腸内の善玉菌を育てる働きがあり、口臭予防に効果的です。梅やレモンに含まれるクエン酸も、殺菌・除菌効果に優れていますので、口臭の原因菌を殺菌し、口臭を予防する働きがあります。その他、腸内環境を整える乳製品や、ビフィズス菌のエサとなるオリゴ糖、虫歯や生活習慣病、腸疾患の予防と改善に役立つ食物繊維も積極的に取るようにすると良いでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者