こういう口臭は病気を疑った方がいい?

car045-s

こういう口臭だと、こんな病気を疑った方がいいというのをいくつか紹介します。

・甘酸っぱい口臭
・アンモニアのような口臭
・腐った卵のような口臭

まず、甘酸っぱい口臭がする場合には、糖尿病の疑いがあります。

なぜ甘酸っぱい口臭がするのかというと、脂肪を燃焼させてエネルギーを作り出す際、アセトンが発生してしまうからです。

糖尿病は歯周病を悪化させることがありますので、気をつけなければなりません。

次に、アンモニアのような口臭ですが、歯周病や尿毒症の疑いが強いです。

歯周病の場合は、歯周ポケットにアンモニアが溜まってしまうので、アンモニア臭がします。

また、尿毒症は、尿の毒素を分解できず、体内に溜まっていってしまうため、アンモニア臭がするのです。

最後に、腐った卵のような口臭がする場合には、胃腸の病気を疑った方がいいでしょう。

胃腸が悪いと、どうしても食べ物の消化が上手くできず、胃腸内で発酵し、臭いが血中に入り込んで肺へと送られるため、腐った卵のような口臭がしてしまいます。

これらの口臭は、病気が治れば、臭いもなくなります。

口臭がする場合は、一度病院で診てもらうことをオススメします。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者