豊胸手術にも色々な種類がありますが、現在、主に行われているのは、「プロテーゼ挿入法」、「脂肪注入法」、「ヒアルロン酸注入法」の三つです、それぞれの特徴は

590553_24512003

女性にとってバストの悩みは、結構深刻な問題ですよね。サプリメントやバストアップにいいと言われる方法を試してみたけど、あまり思った効果が得られず悩みに悩んだ挙句、豊胸手術を決断される方も中にはいらっしゃいます。豊胸手術にも色々な種類がありますが、現在、主に行われているのは、「プロテーゼ挿入法」、「脂肪注入法」、「ヒアルロン酸注入法」の三つです。「プロテーゼ挿入法」とは、脇の下などのあまり人の目につかないような部分をメスで切開し、そこにバッグを挿入するという方法です。バッグの大きさや挿入する位置などは個人の体型や希望の仕上がりの大きさ、感触などによって変えることができます。この手術で1カップから5カップ程度のバストアップが可能で、半永久的に効果が持続することが出来るとも言われています。「脂肪注入法」とは、自分自身の脂肪をバストに注入するという方法です。自分の体内にあった脂肪を取り出して、その脂肪を自分自身に注入する訳ですから、異物反応を起こす可能性がとても低く、安全な方法だと考えられています。お腹や太ももなどの気になる部分の脂肪を注入すれば、その部分の脂肪は減らすことが出来るので、一石二鳥な感じもしますね。脂肪注入法では、1カップから2カップほどしかサイズアップすることができないため、大幅にサイズアップしたいという方には不向きかもしれません。ただ、最近では技術が進歩して大幅なサイズアップを図ることも可能になりつつあるようです。「ヒアルロン酸注入法」は、皆さんよく知っている方法なのではないでしょうか?ヒアルロン酸は人間と相性の良い組織液と言われているので、安全性は高いと思います。ヒアルロン酸注入法は切開などの手術を行う必要はなく、注射器を使ってバストへヒアルロン酸を注入するという簡単な方法です。20分程度で終わってしまう簡単な方法ではあるのですが、効果は2年から3年程度と他の豊胸手術とは違って持続期間が短いです。しかし、追加で注入することは可能なので、手術するのは怖いけれどバストアップしたいと悩んでいる方やなかなか仕事などで時間が取れないという忙しい方にはおすすめの方法でしょう。

10代から50代までバストアップに成功している自宅でできる体験談はこちら

 

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者