胸の大きさは遺伝なの?

590553_24512003

胸の大きさは遺伝では決まらない、という見方が、今では常識になってきています。

胸の大きさを決めるのは、遺伝よりも後天的な要素が大きく影響するのだそうです。

よく肥満体質は遺伝ではなく生活習慣が同じだから、ということが言われますが、実は胸の大きさにも同じことが言えるのですね。

つまり、遺伝で胸が小さいのではなく、胸が小さくなるような生活習慣を受け継いでしまったということになります。

自分がなぜ胸が大きくなれなかったのか、という原因を探って、それを改善していくことで、これからでもバストアップすることは可能です。

特に気を配りたいのが、女性ホルモンの分泌を妨げる習慣です。

ゴールデンタイムとも呼ばれる、成長ホルモンが多く生成される22時から午前2時の間に眠るようにしているか、ストレスを受け続けていないか、などを振り返ってみて下さい。

胸が大きくなる食事、姿勢、生活習慣などに気をつけ、マッサージやエクササイズを続けることで、バストアップの願いが叶うチャンスは十分にある、ということが言えるでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者