豊胸手術って安全なの?後遺症は?

590553_24512003

豊胸手術の安全性については、最近では技術が飛躍的に進歩して、非常に高くなっているということが言われています。

以前話題になったような、豊胸バッグが体内で破損したり変形したり、バストが拘縮するようなことは、ほとんどなくなっているそうです。

また、豊胸手術の研究が進み、自分自身の脂肪を使う脂肪注入法や、ヒアルロン酸を注入するだけの手軽なプチ豊胸手術も行われるようになっています。

豊胸手術だけではなく、全ての手術に言えることですが、やはり事前にしっかりと調べて、信頼できるクリニックを選んだ上で、カウンセリングを念入りに行ってもらい、安心して手術を受けられるようにして下さい。

豊胸手術の後遺症は、手術の方法によって大きく変わってきます。

今問題になっているのは、プロテーゼを胸に埋め込む手術では術後のカプセル拘縮、ヒアルロン酸注射では発熱や倦怠感などの全身症状、脂肪注入法では胸にしこりのようなものが出来る石灰化などです。

手術を決める前に、医師の説明をよく聞いて、不安を感じるようであれば手術を諦める勇気も必要かもしれません。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者