ヒアルロン酸を入れる豊胸手術方法ってどんなやり方?

091

ヒアルロン酸を入れる方法の豊胸手術って、どんなやり方なのでしょうか?

ヒアルロン酸を入れる方法の豊胸手術は、注射器で胸にヒアルロン酸を入れます。

この際に使用する注射器の針は、決して太いものではありません。

細い針なのですが、やはり痛いので、ヒアルロン酸を入れる前に麻酔を行います。

ほとんどの病院やクリニックでは、局所麻酔や静脈麻酔を使用します。

麻酔を打つことで、痛みを感じなくなりますから心配はいりません。

片方の胸に10ccから150ccのヒアルロン酸を注入することができます。

施術時間は大体20分から30分程度なので、あっという間に終わります。

これで、自分が理想とするバストを手に入れることができるでしょう。

気になる術後ですが、翌日から入浴できます。

また、アレルギーや痛み、腫れなども、ほとんどないので、心配しなくても大丈夫です。

この方法の持続期間ですが、約3年と言われています。

ヒアルロン酸は、自然と体内に吸収されていくため、一生持続するわけではありません。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者