豊胸手術は後遺症が出ることもある?

gum14_ph04001-s

豊胸手術は、後遺症が出ることもあるのでしょうか?

・細菌による感染
・プロテーゼによる拘縮
・ヒアルロン酸注入による後遺症

豊胸手術をすると、これらの後遺症が出ることがあります。

豊胸手術は、体にメスを入れたり、注射針を体に刺しますので、細菌による感染症があります。

確率的には非常に低いものですが、これはどれだけ衛生管理をしていたとしても、100%大丈夫とは言い切れません。

また、脇の下から挿入するプロテーゼですが、プロテーゼを挿入したら、どうしても体が防御反応を起こしてしまいます。

そして、プロテーゼが体内でできた皮膜に覆われて、胸が硬くなってしまうことがあります。

それを防ぐ為には、マッサージをしなくてはなりません。

そのマッサージ方法は、クリニックで教えてもらえます。

最後に、ヒアルロン酸注入の後遺症ですが、これはまれにですが、倦怠感を感じたり、熱が出てしまうことがあります。

ヒアルロン酸の副作用は、はっきりと分かっていないそうですが、実際にこのような後遺症が出ているので、注意しなければなりません。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者