乾燥肌ってどんな状態をいうの?

乾燥肌とは、角質の水分含有量が減っている状態をいいます。

角質の水分含有量が減ってしまうのは、皮脂の分泌量が減ることや、角質細胞間脂質が減ることなどが主な原因です。

本来は角質がバリアとなって、肌の水分が保たれています。

しかし、肌のバリア機能が働かなくなると、肌の水分が保てなくなって乾燥してしまうのです。

健康で美しい肌は、水分と脂質がほどよく交じり合った膜で覆われて乾燥しないようになっており、その乾燥から肌を守っている膜を皮脂膜と呼んでいます。

つまり、乾燥肌はこの皮脂膜がない状態なのですね。

では、乾燥肌になると、私たちの肌はどのようになってしまうのでしょうか。

例えば、カサカサとして、ヒビ割れたり、シワができやすくなります。

また、肌から粉が吹いたようになることもあるでしょう。

当然、そのような状態になると、化粧ノリも良くありません。

洗顔をした後に、肌がつっぱるという感覚がある人は、乾燥していると思った方がいいです。

乾燥肌は、早めの対策で改善することができますから、ひどくならないうちに何とかしてください。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者