乾燥肌になった後の肌ケア方法

寒くなるとどんな人でも肌が乾燥しますが、かゆみにおそわれるような乾燥肌はつらいですね。乾燥肌になってしまった場合、手軽にできる注意すべきことは意外にたくさんあります。まずは、顔や体を洗い過ぎないこと。入浴時に、あまりゴシゴシと力を入れて洗ったり、拭いたりしないことです。肌から必要な皮脂まで奪われ、乾燥肌がひどくなります。せっけんやボディシャンプーの使いすぎも要注意。それと、長風呂や熱すぎるお風呂に入るのも、必要な体の水分を奪う原因になるので注意したいですね。入浴した後や洗顔後は、保湿のためにボディローションやボディーオイルを塗ること。入浴後や洗顔後は皮脂が奪われ、肌が最も乾燥した状態にあるので、すぐに塗ることです。かといって塗りすぎは禁物。別の肌トラブルの原因になることも。それにたくさん塗ったからといって、効果が倍増するわけではありませんし、もったいないですね。一方、肌に直接触れる下着やパジャマは、天然繊維のものがオススメ。ナイロンなどの化学繊維は肌を刺激し、かゆみが増してしまいます。また、部屋の温度を少し低めに設定したり、加湿することも重要です。特に加湿は肌のみならず、のどにもいいのでぜひ実施しましょう。さらに、普段の生活も大事です。特に食事は、栄養バランスの取れた食事をきちんと摂ることです。寒くなると熱エネルギーが消費されるようになるので、たんぱく質やビタミン、ミネラルなどはしっかり摂りたいですね。タバコはビタミンCが体内から奪われるため、なるべく控えたいものです。質のよい睡眠をとることや適度な運動は、皮膚の新陳代謝をスムーズに行わせるためには必要です。乾燥肌への対処法は、肌だけでなく、生活全体の改善が必要といえるでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者