乾燥肌とニキビの関係性ってなさそうだけどあります

ニキビの原因は、皮脂が過剰に分泌されるために、アクネ菌や常駐菌が増えて、炎症を起こすことです。つまり、ニキビはオイリー肌の人にできるもの・・・普通はそう思いますよね。ところが、ニキビは乾燥肌の人にもできやすいのです。乾燥肌は、皮膚の表皮細胞にある角質層が壊れ、そこから水分が蒸発し、皮脂と水分(汗など)で作られる皮脂膜がない状態です。皮脂膜には肌を守るバリア機能があるため、それがないということは肌が守られていないということになります。そこで、肌を守るために、多くの皮脂が分泌されることに。その結果、皮脂過剰となり、余分な皮脂が毛穴に詰まってアクネ菌や常駐菌が増殖、ニキビができる原因となってしまうのです。このようなニキビを「乾燥肌ニキビ」とか「角質型ニキビ」と言います。ニキビというと、一般的に皮脂をきれいに取るため、脱脂力の強い洗顔料で洗顔をします。オイリー肌の人はそれでちょうどよくなるのですが、乾燥肌の人が脱脂力の強い洗顔料を使うと、肌を守っている皮脂を取り過ぎてしまいます。すると、皮脂がなくなってしまった肌は、もっと皮脂を出さなければと、さらに皮脂を出すことになります。つまり、悪循環に陥るということですね。乾燥肌なのにニキビで悩んでいる人は、脱脂力の強い洗顔料は使用しないことです。洗顔料を使わず、ぬるま湯で洗うだけでもGood。その際、ゴシゴシこすることも禁止。優しく洗って、化粧水などで保湿し、乾燥を防ぐようにしましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者