吃音とは、流暢に言葉が話せない状態のことです

吃音とは、流暢に言葉が話せない状態のことです。一般に”どもり”とも言われ、最初の言葉が出にくかったり、言葉がつまったり、同じ音を何度も繰り返したり、音を引き伸ばしたりと、対話に苦労するような症状が起こります。コミュニケーション障害や言語障害の一種であるとする考え方もあるようですが、ほとんどの場合は身体的な機能障害というよりも精神的な問題が大きく、問題の根を深くしているようです。吃音の状態の具体例としては、「ぼ、ぼ、ぼくは・・・」とスムーズに言葉が出てこなかったり、「わーーーーたしは」などのように、音を引き伸ばしたり、言いたい言葉がつまって出て来なかったりというものがあります。これらに共通しているのは、単語の一部分について言いにくくなるということです。これとは違って、「ぼく、ぼく、ぼくは」などと単語全体を繰り返したり、言いたいことの前に不必要な言葉が入ってしまう、言い直しを頻繁にするなどという症状が見られる人もいます。吃音と区別がつきづらい場合が多いのですが、これらの症状は吃音とは診断されないことが多いようです。吃音の一番の問題は、自分の吃音が気になって人と話すことが怖くなり、ひきこもりがちになってしまったり、人付き合いを避けるようになってしまうことです。また、子どものうちに吃音が出ると、それが原因でいじめに遭うような事態も起きているそうです。それに、予期不安という感情を抱え、どもるのではないかという不安感や恐怖感を訴える人も少なくないでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者