吃音だと就職するのが難しい

吃音だと就職するのが難しいと考える人もいるかもしれませんが、そんなことはありません。吃音症の人が職業を選ぶ場合、できるだけ人と話をしなくてもよい仕事に就く人と、逆にどんどん人と接する中で吃音を克服してしまう人がいます。営業職や接客業、電話オペレーターなど人と話すことを自分の仕事とすることで、夢中になって数をこなしているうちに、吃音が気にならなくなり、全く仕事に影響しなくなったということも少なくないようです。また、電話応対が比較的少ないオフィスのデスクワークなどをしながら、少しずつ慣れていくという方法もあります。どうしても人との付き合いが苦手という場合には、資格を取って専門職や技術職などに就くケースも多いでしょう。この場合、言葉よりも技術や知識が評価の対象となるため、吃音がマイナス要因にはなりません。ただし、職場の環境もとても大切です。例えば、上司が吃音者に対しての理解がなく、怒鳴ったり罵倒したりということがあったり、職場の仲間がなんとなく吃音者を敬遠したりなどの様子が見られると、あっという間に症状が悪化してしまう怖さもあります。ですから、出来るだけ吃音に対して理解があり、温かい雰囲気の職場を探すようにすると良いのですが、実際は入社してみないとわからない事もたくさんあるものです。自分がどんな仕事をしたいのかを最優先して、仕事に没頭できそうな職場を選択することが大切になるのは、吃音者であっても、普通の人であっても変わらないと言えるのではないでしょうか。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者