電話で吃音がでないための工夫

吃音症の人たちにとって、電話というのは特に苦手なものの一つに入るのではないでしょうか。電話で吃音が出ないようにするために、真剣に努力している人が多いのです。電話で吃音が出ないための工夫は色々考えられますが、最も大切なことはなるべくリラックスできる状態を作ることです。そのためには、吃音が出てもかまわない、と開き直ってみることも必要かもしれません。多くの吃音者が苦労するのが、最初の挨拶、自分の会社名や名前を言う、呼び出してもらう相手の名前を言うなどのようです。これは吃音の対策の一つである、言い換えをすることが難しいからです。ですから、その際には、ちょっとした自分が言いやすい枕詞をつける、少しタイミングを取るために「えー」「あのー」などの言葉をつける、紙に書きながら言う、身体でタイミングを取りながら言うなどの工夫をしている人が多いです。中には、会社で電話オペレーターの部署に配属され、考える間もなく次々と電話応対をしているうちにすっかり慣れて吃音が無くなったという人もいます。そこまでではないとしても、場数を踏むことはやはりとても有効な改善策です。トレーニング施設や知人に頼むなどして、日頃から練習してみるのもいいでしょう。また、最終的に電話で大切なのは話の内容です。要件さえ伝われば、吃音があろうとなかろうと、相手はそれほど気にしていないものです。どもってもいいや、くらいの気持ちで落ち着いて話せば、自分で思っているほど、事は深刻ではないかもしれません。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者