【動脈硬化治療】動脈硬化の手術には、バイパス手術とカテーテル手術の二種類があります。

bec017-s

動脈硬化の症状が悪化している場合には、手術による治療が行われることもあるでしょう。動脈硬化の手術には、バイパス手術とカテーテル手術の二種類があります。カテーテル手術は、血管の中にカテーテルと呼ばれる器具を通して、閉塞している血管幹部を広げたり治療したりする手術で、小さな穴を開けるだけの手術ですから、身体への負担が少ないのが特徴です。幹部を風船のようなもので膨らませて、血流を回復させる方法をバルーン治療と呼んでいます。さらに、症状によっては、バルーンによって広げられた血管を保持するための血管を保護する筒を幹部に残すことで、血管の太さを保持させるステント治療を行うこともあるでしょう。また、血管内に詰まったものをカテーテルの先につけた小さなドリルのようなもので削ったり取り除いたり、カテーテルから血栓を溶かす薬を流しこんで治療を行う手術などがあり、その症状や状況によって使い分けられます。バイパス手術とは、動脈硬化が進んでいる血管を別の血管に置き換えて、血流を回復させる手術です。本人の別の場所の血管を使って行うこともありますが、最近では人工血管を使うケースが増えているようです。バイパス手術は身体を切る手術ですから、身体への負担が大きいのですが、カテーテル手術が出来ない場合に行われています。このように、動脈硬化の手術にはいろいろな方法があり、動脈硬化の起きている場所や状態によって使い分けられます。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者