【動脈硬化治療】具体的に、どのように生活習慣を改善すれば良いのでしょう。

cyc019-s

動脈硬化を予防・改善するには、生活習慣の改善が必要と言われていますよね。では、具体的に、どのように生活習慣を改善すれば良いのでしょう。動脈硬化とは、血管が硬くなったり詰まったりしてしまう状態を言います。血管が詰まって細くなったり、硬くなって弾力がなくなってしまうと、血液が流れにくくなるため、栄養や酸素が十分に送られなくなったり、血管が破裂して命の危険に晒されるリスクが高くなります。日本人の死因では、動脈硬化が原因の心筋梗塞や脳梗塞が多いですから、動脈硬化は他人事ではありません。その予防や改善に必要な生活習慣で、一番最初に見直したいのが食生活です。肉類が中心の食生活は悪玉コレステロールを増やして動脈硬化の原因となりますし、逆に、魚介類は血液をサラサラにして血行を良くすることが知られています。また、抗酸化作用のあるお茶や大豆、緑黄色野菜などを積極的に摂ることによって、血管の老化を防ぐことができます。食べ物だけではなく、できるだけ日頃から運動をするように心がけることで、体内の善玉コレステロールを増やすことができるでしょう。善玉コレステロールには、血管に蓄積した悪玉コレステロールを流してくれる働きがあるのです。その他にも、タバコやストレス、飲酒、睡眠不足なども動脈硬化の原因となりますから、全般的に生活習慣の改善を行う必要があります。栄養バランスの良い食事と適度な運動、そして、規則正しい生活を送ることが動脈硬化を防ぐ一番の方法といえるでしょう。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者