【動脈硬化治療】動脈硬化の薬物療法では、その進行具合や症状によって、さまざまな薬が使い分けられます。

bec017-s

動脈硬化の治療には、生活習慣の改善以外にも薬物療法が行われます。動脈硬化の薬物療法では、その進行具合や症状によって、さまざまな薬が使い分けられます。動脈硬化の薬物療法は、血管のつまりを改善することが主な目的で行われますが、それ以外にも動脈硬化の改善に直接的な効果をもたらすものではない薬が使われることもあるようです。動脈硬化の血管にコレステロールが溜まって、細くなってしまったり詰まってしまったりという症状を緩和するためには、コレステロールを低下させる薬が使用されます。血液中の悪玉コレステロールを減らすことで、血管にコレステロールが溜まるのを防ぐ働きがあるのです。また、血液中の血栓による詰まりを取り除いたり防いだりするためには、血栓を溶かす薬が使用されます。この他にも、糖尿病や高尿酸血症になると、その合併症として動脈硬化になったり、動脈硬化が悪化することが知られています。そのため、血糖値を下げる薬や尿酸を下げる薬によって、糖尿病や高尿酸血症の症状を緩和し、動脈硬化の進行を予防することもあるでしょう。それに、動脈硬化では血圧が高い状態が続くと、血管の弱い所が破裂するリスクがありますから、血圧を下げるための降圧剤も利用されます。このように、動脈硬化の薬物療法といっても、その症状や状態によって使われる薬の種類はいろいろあります。その方に合った薬を医師の指示に従って服用することになりますが、それと共に食生活の改善を始めとした生活習慣の改善も並行して行うことが望ましいです。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者