糖尿病になる人の多くは肥満体型の人が多いのですが、肥満体型の人たちはカロリーの摂取オーバーと共に、カロリー消費(運動)が少ない傾向があるのです。ですから、摂取する糖分を減らすのと同時に、運動で消費することで血糖値の改善をしていく必要があります。

gum14_ph07007-s

糖尿病、あるいは、糖尿病予備軍と診断された場合、まず、初期の段階では食事療法と運動療法を指導されます。本来、糖尿病になる人の多くは肥満体型の人が多いのですが、肥満体型の人たちはカロリーの摂取オーバーと共に、カロリー消費(運動)が少ない傾向があるのです。ですから、摂取する糖分を減らすのと同時に、運動で消費することで血糖値の改善をしていく必要があります。とはいえ、運動すれば良いというものではなく、心臓に障害がある人など運動療法を行なっては危険なケースもありますから、糖尿病改善のための運動療法は医師の指示に従って行わなければなりません。糖尿病の症状改善に効果的な運動は、「有酸素運動」です。有酸素運動はダイエットにも効果的なことから、糖尿病患者の方には耳慣れたものだと思います。有酸素運動といえば、ジョギングやウォーキングが有名ですが、その他にも、エアロビクスダンスや水泳なども大変効果的です。ウォーキングがきつい場合には、自転車でもOKです。もともと運動が苦手な人が多いのも糖尿病患者の特徴の一つですから、運動というだけで拒否反応を示す人も少なくありません。ですが、通勤の際に歩く距離を増やすとか、エレベーターやエスカレーターを使わずに階段を使うなどを心がけるだけでも随分違います。電車通勤を自転車通勤にするのも良いですね。また、運動は食後1時間くらいで開始すると、血糖値の上昇を抑えるのに一番効果的と言われています。

自宅でできる糖尿病改善方法

 

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者