血糖値が高くなるとどうなる?

gum14_ph07007-s

血糖値が高くなると、どうなるのでしょうか?

・血液がドロドロになる
・血圧が上がる
・糖尿病になる

血糖値が高くなると、上記のようになってしまいます。

まず、血糖値が高くなると、血液がドロドロになってしまうでしょう。

血液がドロドロになることで、動脈硬化になってしまうこともあります。

そして、血糖値が高くなると、細胞の浸透圧が高まり、血液の量が増えてしまいます。

そうすることで、血圧が上がってしまうのです。

それに、血糖値が高くなると、糖尿病になってしまいます。

これは、多くの人が知っているのではないでしょうか?

血糖値が高くなると、通常だとインスリンというホルモンが出て、血糖値を下げてくれます。

しかし、インスリンが少なかったり、分泌されないと、細胞にブドウ糖が取り入れられなくなり、血中にあふれてしまい、糖尿病となってしまうのです。

血糖値が高くなると、このようになってしまう危険性があります。

血糖値が高くならないように、食べ過ぎに注意し、日々適度な運動をするように心がけましょう。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者