糖尿病で飲む薬の種類って?

bec017-s

糖尿病で飲む薬の種類って、何種類あるのでしょうか?

糖尿病で飲む薬の種類ですが、6種類あります。

1.ビグアナイド薬
2.チアゾリジン薬
3.DPP-4阻害薬
4.スルフォニル尿素薬
5.速効型インスリン分泌促進薬
6.α-グルコシダーゼ阻害薬

これらの糖尿病の薬は、食後の急激な血糖値の上昇を抑えたり、血糖値を下げたり、インスリンの分泌を促すものになります。

ちなみに、1のビグアナイド薬と2のチアゾリジン薬は、インスリンの働きが悪い時に改善する為のお薬です。

3のDPP-4阻害薬と4のスルフォニル尿素薬は、インスリンの分泌が不足している時に、分泌を促してくれます。

5の速効型インスリン分泌促進薬と6のα-グルコシダーゼ阻害薬は、食後の血糖値が高い方に適しているお薬です。

これらの薬は、1種類だけ飲む場合もありますし、何種類かを組み合わせて飲む場合もあるでしょう。

また、それぞれの薬には、低血糖や体重増加などの副作用があります。

医師の指示に従って、正しく服用してください。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者