糖尿病にも種類がある?

bec017-s

糖尿病は、大きく分けて4つに分類されます。

・1型糖尿病
・2型糖尿病
・妊娠糖尿病
・その他

まず、1型糖尿病というのは、膵臓の異常によって、インスリンを作る機能が低下してしまい、インスリン不足になる糖尿病のことです。

インスリン不足になると血糖値が高くなり、「高血糖」という症状になってしまいます。

この糖尿病は、若年層に多いのが特徴です。

そして、2型糖尿病というのは、「インスリンの分泌が少ない」「インスリンが上手く作用しない」といったことが原因で起こる糖尿病のことです。

日本人に非常に多く、日本の糖尿病患者の約9割がこの2型糖尿病に該当します。

また、妊娠糖尿病というのは、妊娠時のホルモンバランスの乱れによって起こる糖尿病です。

今まで健康に異常がなかった女性が、妊娠と同時に血糖値が高くなります。

その他の糖尿病というのは、病気や何かしらの薬が原因によるものです。

肝臓や膵臓に疾患があると、糖尿病になりやすいといわれています。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者