糖尿病の時はどんな食事をすることが大切?

bec017-s

糖尿病の時に大事なことは、食生活を見直すことです。

糖尿病になる前と同じ食事をしていると、ますます症状が悪化してしまい、他の病気を併発してしまいます。

糖尿病の時の食事で注意したいポイントは、次の6つです。

・糖分や脂肪分が多いものを控える
・緑黄色野菜を積極的に食べる
・食べ過ぎに注意
・薄味の食事を心がける
・決まった時間に三食きちんと食べる
・食べ方に注意する

まず、糖尿病の方は、血糖値が上がりやすい糖分や脂肪分が多いものをできる限り控えるようにしましょう。

そして、血糖値を下げる効果がある緑黄色野菜を積極的に食べるようにしてください。

また、食事量が多いと血糖値が高くなるので、腹八分目ほどで抑えるようにしましょう。

特に、日本人の主食でもある白米は、血糖値を上げやすい食べ物ですから、食べすぎに注意する必要があります。

それに、薄味の食事を心がけ、決まった時間に三食きちんと食べるようにしてください。

食べる時には、よく噛み、食物繊維が豊富な緑黄色野菜から食べるようにすると、急激な血糖値の上昇を抑えることができます。

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者