血糖が高くなる原因は食事にあります。糖分の多いものを大量に摂取したり、高カロリーの食事を続けていると血糖値が高くなってしまいます。

gum14_ph07007-s

血糖が高くなるそもそもの原因は、食事にあります。摂取した食べ物は分解されて糖分となり、やがてエネルギーとして消費されていきます。ですから、人間誰しも食後には血糖が上がるのです。そして、その後は徐々に血糖値が下がっていくのが普通の健康な人です。ところが、糖尿病の方の場合は血糖値が下がらず、常に血糖値が高い状態が続いています。このように、「常に血糖値が高い」ことが問題なのです。では、何故血糖値が下がらないのでしょう?本来ならば、血液中を流れる血糖はエネルギーとして消費されていくべきものです。ところが、エネルギーとして消費するよりも多くの食事をしていると、当然ながら消費できなかった血糖が血液中に残ってしまいます。また、糖分を分解するにはインスリンが必要なのですが、インスリンの分泌量が少ない場合にも血液中の糖分が分解されずに残ってしまいますから、血糖値が下がらずに高い状態になってしまいます。インスリンの分泌量は、先天的に分泌量が少なくて糖分を分解できない糖尿病の方もいるのですが、現代社会ではその殆どが悪い生活習慣によるものです。先天的な糖尿病でない限りは、軽度のうちなら生活習慣の改善で血糖値を下げることが可能です。いずれにしても、糖分の多いものを大量に摂取したり、高カロリーの食事を続けていると血糖値が高くなってしまいます。血糖値が上がってもその分をエネルギーとして消費すれば良いですから、摂り過ぎた分は運動を行うようにしましょう。

たった3日で血糖値を下げ糖尿病を克服した方の声をご覧下さい

 

関連記事

ページ上部へ戻る

 

 

FXでのいろいろな取引方法 デイトレ派FX業者